スキレットカバー(削ってしまえ!)

コンボクッカーを購入したので蓋となるスキレットを活用したいと思い、蓋を購入したいと考えました。が、しかし実際に売っているスキレットカバーとコンボクッカーの上側のスキレットを合わせてみると両方とも蓋としての形状をしているのでしっくりときません。双方の凸の部分が当たってしまう訳です。

上の写真のように双方とも凸があるのでスキレットカバーがスキレットに被さりません。

ならば、削ってしまえ!ということで削ってみましたww

グラインダーでスキレットカバーの凸の部分を削り落とし、更にスキレット(コンボクッカーの蓋)の凸に合うように凹を付けるように削る事、約2時間。

これでスキレットカバーがピタッと閉まるようになりました。

今日は時間がなかったので荒削りまでで終わりましたのでまた時間を見つけて仕上げをしたいと思います。問題はこれで何を作るかだなw

About takenori tanaka

ダッチオーブン暦8年。みんなでダッチオーブン料理して遊ぶのが好きなおやじです。
This entry was posted in コンボクッカー, 種類. Bookmark the permalink.

コメントを残す