キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンでジンギスカンも出来る

ジンギスカン鍋として使える蓋が特徴

私が使っているダッチオーブンで一番大きなものがキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン30cmジンギスカンリッド30cm M-5533です。メーカー資料でも重量11kgとありますが実際かなり重いです。鍋の内寸は直径が底の部分で約25cm、開口部で約29.5cm、高さが17cmです。このくらいの大きさがあると2kgくらいの地鶏を使った料理や長めのトウモロコシも丸ごと入ります。

この製品の特徴であるジンギスカン鍋として使える蓋ですが写真のように裏側が盛り上がっていて肉を焼けるようになっていて出た油が下に落ちるようになっています。実際にジンギスカンをやってみましたが蓋も厚みがあり熱を蓄えるので美味しく焼けます。ただ、裏側が盛り上がっている分、表側は凹んだ形になっていますので家庭でカセットコンロに乗せて使う時には注意が必要です。

カセットコンロに乗せるとこんな感じです。このコンロだとガスボンベの凸に干渉してしまうため、蓋の中心がコンロの中心より若干左によっています。蓋だけでも約5kgありますのでひっくり返らないようにしないといけません。とこんな記事を書いていたらジンギスカンが食べたくなってしまいました。週末はジンギスカンにするかなぁw

 

About takenori tanaka

ダッチオーブン暦8年。みんなでダッチオーブン料理して遊ぶのが好きなおやじです。
This entry was posted in 使い方, 種類 and tagged , , . Bookmark the permalink.

One Response to キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンでジンギスカンも出来る

  1. 匿名 says:

    カッコいい!興味をそそります

コメントを残す