ダッチオーブンのお手入れ

しょっちゅう使う事が一番ですが

ダッチオーブンで調理した後はお手入れをしておかないとサビたり、嫌な臭いがついたりしますのでお手入れはよくした方がいいでしょう。調理したあとのお手入れはよく水洗いしてから水分を拭き取り、火にかけて熱して水分を飛ばしたあと、オリーブオイルを薄く全体に塗っておきます(蓋も同様)。鍋がさめたら鍋に古新聞を詰めて蓋も古新聞で包んでおくと良いです。ダッチオーブンは繰返し使う事で鍋に油がなじんで焦げ付きにくくなって使いやすくなっていきます。キャンプに出掛けるときだけでなく、家でも調理に使うと良いでしょう。頻繁に使う事でメンテナンスにも慣れます。

それでもしばらく使わないでおいたらサビが出ていたとか、においが気になるといったトラブルが出る事があります。その場合にはサビや汚れを金属たわしなどでよく落としてから、最初のシーズニングで行った事をやるとまた使えるようになります。

いちど、他の人が何年も使っていないダッチオーブンを持ってきた事がありました。調理のあとのお手入れをしていなくてサビと汚れが相当ひどかったのですがその時は鍋をたき火の中に放り込んでしばらく燃やしていました。そうして汚れを焼き切ってしまうと焦げ付き汚れも落ちてきれいにできます。調理したあとは次回の使い始めを楽にするために良くお手入れしましょう。

About takenori tanaka

ダッチオーブン暦8年。みんなでダッチオーブン料理して遊ぶのが好きなおやじです。
This entry was posted in お手入れ. Bookmark the permalink.

One Response to ダッチオーブンのお手入れ

  1. 匿名 says:

    こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いしま

コメントを残す