シーズニングとは

ダッチオーブンを使い始める前に

ダッチオーブンを購入したら実際に料理を作る前にやっておかなければならないことがあります。それがシーズニングと呼ばれるものです。ダッチオーブンにはサビを防ぐためにワックスが塗られていますのでこれを落とさないと調理を始めることができません。と言っても難しいことはありません。良く洗ってから火にかけてワックスを焼き切ってしまうと同時にダッチオーブンの表面の細かな凹凸にオイルを行き渡らせるようにするだけです。この作業は家庭のキッチンでガス台を使ってやった方が良いでしょう。

用意するもの:クリームクレンザー、洗い物用スポンジ、キッチンペーパー、長めのトング、オリーブオイル、香味野菜(野菜クズ)、木のへら

最初にクリームクレンザーやエコソーダなどで蓋と鍋本体をゴシゴシとスポンジで洗います。ざっと洗い終わったら水気をよく拭いておきます。
蓋と鍋本体とどちらから行ってもよいのですがまずは軽い蓋のほうからやってみた方がいいです。

ここからの作業は簡単にいうとオリーブオイルを塗って、火にかけて焼いて、また塗ってまた焼いてということを蓋の表裏、鍋本体の内側、外側にやります。最低2〜3回、時間があれば何回でもやった方があとあと使いやすくなります。

まず蓋をガス台の真ん中において強火であぶります。ワックスの焼ける臭いや薄い煙が上がりますので換気扇は強にしましょう。焼けて蓋の色が黒ずんできたら一旦火を止めて蓋の表面(上になっている側)にまんべんなくオリーブオイルを塗ります。このときキッチンペーパーを使うと塗りやすいです。オリーブオイルはなるべく薄く伸ばして塗って下さい。塗り終わったら再び火をつけてあぶります。

オリーブオイルが焼けて煙が出ますがオリーブオイルが焼けてなくなるくらいまで焼きます。蓋がかなり熱くなっていますのでやけどしないように気をつけてください。オリーブオイルが焼き切れたら少しさましてから再びオリーブオイルを薄く伸ばして塗っていきます。熱くなっているときは長めのトングを使って塗ると良いです。オリーブオイルが焼けて蓋の表面が黒くなってくると思いますので焼け具合をみて蓋を置く位置を調整しながらまた火にかけて焼いてきます。表面が黒くなってきたら蓋を裏返して裏も同じ要領で焼きます。これを表裏2〜3回繰り返します。

蓋が終わったら鍋本体も同じ要領で行います。鍋の内側も火で焼くのか?と思いますが焼きます。

普段のお手入れも

なお、このオリーブオイルを塗っては焼きという作業は実際に調理をした後の片付けでも行います。調理が終わって鍋を洗ってそのままにしておくとサビてしまいますのでよく水気を切ってから軽く焼いてオリーブオイルを塗ってから片付けると次に使う時にとても楽です。

最後にもう一手間

ワックスを落として鍋を焼いても若干の鉄の臭いなどが残る事があります。そのため一度、香味野菜(ネギ、ショウガ、ニンニクなど)をダッチオーブンで炒めて臭いを取るようにすると良いです。鍋全体を使って炒めるようにします。鍋のふちの部分にもへらを使って野菜を押し付けるようにして臭いを取ります。実際に調理する前に捨てるような野菜の端っこなどがある時に何度か炒めたりしておくと最初の料理が美味しく作れます。この時の野菜は食べないで捨てましょう。蓋もひっくり返して火にかけて蓋の裏側をフライパンのようにして野菜を炒めて臭いを取ります。

ここまでをやったらいよいよダッチオーブン料理に挑戦です!!

 

About takenori tanaka

ダッチオーブン暦8年。みんなでダッチオーブン料理して遊ぶのが好きなおやじです。
This entry was posted in お手入れ, 使い方. Bookmark the permalink.

コメントを残す